高卒で大手へ転職した場合、出世はできるの?高卒だと大手で出世できない?について実体験を基に解説します。

こんにちはじろうです。

私は高卒で、フリーターから2度の転職を経て現在大手製造メーカーのエンジニアとして、働いております。本ブログは、私の経験をもとに、皆さんの少しでも役に立つ情報を発信していきたいと思います。

今回はこんな感じの疑問に答えたいと思います。

高卒で大手へ転職して出世できる?

結論から申し上げますが、出世はできます。

なぜなら、私ができたからです。

もちろん出世についての定義にもよりますが、

今回はあくまでも、大卒定期入社が普通に出世できるレベルについて解説します。

1、学歴と出世について

学歴と出世については、相関関係はあると思います。確かに、今の会社の上層部の方達は、有名大学卒の人が多いように思います。

世間的にも、東京大学卒の人の平均年収はかなり高いです。そういう意味では相関があります。

ただ、それはあくまでも有名大学卒の人に、有能な人材が多いだけです。たから単純に、年収が上がるイコール出世しているということです。

結局出世するかしないかは本人の実力によるものが大きいです。

2、結局本人の実力

今の会社に転職して、約4年が過ぎましたが、新入社員が入るたびに、誰が何処の大学とかの話題になります。

やはり、新入生社員の時点では、仕事においての成果がないため、どこの大学を卒業したかが評価の対象になっているように思います。

ただそれも、新入生社員のころだけで、3年目、4年目になると、仕事の実力で評価されるため、仕事の実績によって、だれだれは仕事ができると評価が変わってきます。

逆に、仕事ができないと、「彼は〇〇卒なのに仕事はできない」みたいなことまで言われて、実際に出世コースから外れる人もいます。

会社は、成果に対して報酬を決めているるので至極当然のことと思います。

だから、高卒であっても実力が伴っていれば、十分に出世は可能と思います。

実際に、同じタイミングで、転職した大卒の同僚も昇進試験で受からずに、昇進ができていませんでした。

3、私が大手へ転職して出世するために取り組んでいること

私が今も出世するために取り組んでいることを紹介したいと思います。

・昇級の条件をみたす

当たり前ですが、昇級の条件が、決められている会社では、昇級の条件を満たさないと条件ができません。

例えば、TOEIC何点以上や昇級試験の合格など。

それらの条件を満たすため、自主学習は欠かせません。

・向上心をもつ 

これは、やはり出世するために重要だと感じます。

やはり、会社を見回すと、出世している人は、向上心を持って仕事しているイメージです。

特に、中途採用で採用された方は、新しい会社の仕事のやり方などを覚えていかなければなりません。

そのため、新しく覚えなければならないことがたくさんあります。

向上心を持って、仕事に臨まなければ新しい仕事を覚えるのは大変です。

たがら、常に向上心をもって仕事するように心がけています。

・独自の技術を持つ

これは、未経験の中途採用者では無く、実務経験者が、中途採用で入社した多くの人場合は、即戦力としての期待されます。

そのため、本業の仕事の技術は以外に、その部署に、持っている人がいない技術などを持つことが出世につながると思います。

例えば、本業は設計の仕事だが、施工管理などの仕事をこなす事ができれば、部署の中で独自性を出すことができます。

特に、中途採用者は色々な仕事の経験をしている可能性が高いので、新卒者採用者と比べて有利と思います。

だから、私は常に新しい技術などの勉強をしております。

それが、自分のスキルアップにつながって、もし次転職することがあれば、その技術が有利に働くことになると考えているからです。

・人が嫌がる仕事も積極的に取り組む

これは、先程紹介した、独自技術を持つことにもつながるのですが、他人が嫌がる仕事などを率先してこなすことで、そこに新たな技術が必要であれば、スキルアップにつながるし、また上司への評価は高くなると思います。

私も、基本は設計の仕事がメインですが、他部署の人員不足のため、長期にわたり施工管理の仕事を、手伝えないかと上司に相談があった際に、快諾しました。

もちろん家族と離れることになり、嫌な部分もありましたが、自分のスキルアップにつながると思いました。

人が嫌がる仕事には、色々なチャンスが潜んでいます。そのため、出来るだけ積極的に取り組むように心がけています。

・上司や同僚とのコミュケーションを積極的にとる

上司だけでは無く、若手社員とも積極的にコミュケーションをとるようにしています。

それは、単純に仕事やりやすくするためだけでは無くて、自分がどんな仕事を期待されているかを知る上でもとても重要になります。

例えば、上司とたわもない話しをしている際に、仕事の愚痴で、若手社員の技術力がないと言えば、若手の技術力を問題視しているため、若手の技術力が上がるような仕事のやり方をすればいいし、

同様に若手社員からも問題点などを聞くことができたならば、それを解決できるような仕事をすればいい。

様は、情報を集めることによって、それを解決できるような仕事をすれば、自ずと部署での地位が確立されて、出世につながると考えております。

【高卒で大手へ転職した場合、出世はできるの?】まとめ

結局のところ、会社で出世するのは、会社に有益な人材で成果を出した人です。

学歴だけで、出世できるほど甘くありません。

高卒であろうと成果をだせば、出世は十分に可能です。

社会に出てからは学歴のことを考えるよりも、どうすれば仕事で成果がでるかを考えてそれに対して努力を継続できる人の方が成功すると思います。

社会人になってから勉強しても十分に、間に合います。なぜなら学生時代の何倍も社会人生活の方が長いからです。

頑張って勉強していきましょう。

あわせて読みたい